Tourisme Alsace France
Nos sites thématiques

ヴォージュ山脈

地方自然公園、クレート街道、頂上の丸い山、湖…、ヴォージュ山脈でアルザス地方の自然を満喫しませんか?

 

堂々とそびえたつヴォージュ山脈は、アルザス地方の大きな部分を占めています。ヴォージュ山脈の峰々をめぐるクレート街道は、ヴォージュ山脈特有の頂上の丸い山や峠や湖や高原地帯を見て回るのに理想的なコースです。標高1424mのグラン・バロン山、マークスティン、オーネック、シュルクト峠などを通ります。ヴォージュ山脈の丸い山々は、気軽に登頂できます。高原地帯へは、ドレ谷、テュール、フロリヴァル、マンステール、ヴァイス、サント・マリー・オー・ミンヌが出発点となります。

 

1975年に作られたヴォージュ・デュ・ノール地方自然公園には、現在113の市町村があります。多様な動植物の宝庫で、森林の中の空地や湖沼、森などからなる風景には、豊かな歴史があります。オート・ヴォージュの木の生い茂る山の斜面やヴォージュやオー・ラン県の谷、アルザス・ワインのぶどう畑が広がる山麓地帯などバラエティー豊かな景色を眺めることができ、標識が整備されたコースをハイキングしたり、城砦や博物館を訪れてアルザス地方の文化遺産に浸るには、ぴったりの場所です。地元の人々の生活や伝統工芸に触れる良い機会も提供してくれます。

 

一方、1989年に作られたバロン・デ・ヴォージュ地方自然公園は、アルザスを含む3つの地方にまたがり、湿原地帯やモミ林、高原、コナラやブナの森、石灰質の芝地、川などの多彩な風景が広がります。5つの自然保護区が、ヴォージュ山脈の生きたシンボルともいうべき豊かな自然環境の保護に役立っています。